ニンテンドーダイレクトで懐かしいゲームのリメイクが発表されたようです

  • URLをコピーしました!

最近はめっきりゲームをしなくなりましたが、昔は寝食を忘れてゲームをしていたメンヘラナマポおじさんです。

目次

ニンテンドーダイレクト2022

2月10日朝にニンテンドーダイレクトで現在開発中のゲームの発表がありました。

新作はこれと言って目を引くものはありませんでしたが、過去作のリメイクで思い入れのあるゲームが何本かありましたので、ご紹介したいと思います。

クロノクロス

ファイナルファンタジーシリーズのスクウェアと、ドラゴンクエストシリーズのエニックスが手を組み、JRPGのドリームチームによって生み出されたクロノトリガー。

発売当時私は小学校低学年でしたが、どハマりして何周もプレイしました。

マルチエンディングを採用しておりいつでもラスボスに挑むことができるんですが、そのタイミングによってエンディングが変わるという斬新なシステムでした。

強くてニューゲームと攻略本を駆使して、何周も飽きずにプレイした思い出。


そんなクロノトリガーの続編が初代PSから発売されるということで、非常に楽しみに購入しました。

ところがどっこい、前作クロノトリガーとはあまり関係ないような世界観、システムで正直なところ肩透かしを食らいました。

ゲームの特徴としては、異常なほど仲間にできるキャラクターが多く、それぞれにサブストーリーがあるということです。

全員仲間にするのは普通にプレイしていては無理だと思います。

本屋でゲーム雑誌を立ち読みして、キャラクターを仲間にする条件を暗記しては家に帰って実行するというのを何度かやった記憶があります。

気に入らなかったのは、魔法が使用回数に限りがあるというシステムですね。

そのせいで回復が間に合わずボス戦で詰み、全クリすることなく投げたゲームでした。

太閤立志伝V

これはPS2から発売された、やれることが多い非常に没入感のある戦国時代シミュレーションです。

戦国武将プレイ、剣豪プレイ、商人プレイなどができます。

どれか一つだけではなく、全てを1キャラクターで全うすることができます。

私が好きだったのは、手持ちのお金でそれぞれの街の特産品を爆買いしては他の街に売りに行き利鞘を稼ぎ、その道中や行く先々の街や城で名ありキャラクターと親交を深め、タイマンをして名声を上げるプレイでした。

信長の野望シリーズでは蒼天録が一番好きで、城主として日本中の有能武将をスカウトするプレイが好きでした。

太閤立志伝は城主プレイも城なしの1武将プレイもできるということでさらに面白いと期待したんですが、戦国武将プレイは城攻めが時間が異常にかかる割につまらなく、剣豪と商人の二足の草鞋が好きでした。

武将(や当時の偉人)と仲良くなると名札を貰えて、その武将でプレイすることができるようになります。

名ありキャラクターは総勢千人以上いたと思いますが、全ての名札をコンプリートするくらいどハマりしました。

終わりに

現在の私はゲームをする元気がないので、クロノクロスも太閤立志伝も恐らく買わないと思いますが、どちらも全てをやり尽くそうとしたら時間泥棒なゲームなので、時間を忘れて没頭したい方にはお勧めできるかと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる