暖かくなってきてからうつ病が悪化しているようです

  • URLをコピーしました!

暖かくなって過ごしやすくなりつつあるのに、死にたい欲求が強くなっているメンヘラナマポおじさんです。

目次

何もする気が起きない

まず最初に来たのが「何もする気が起きない」症状です。

無気力でご飯を食べるのも面倒くさい、トイレに行くのも面倒でギリギリまで我慢する有様。

今に始まったことではありませんが、風呂は外出する用事がある時くらいしか入れません。

なので食料品を買いに行く前に、1週間に1回くらいの入浴頻度です。

希死念慮

次に悪夢や記憶のフラッシュバックから来る後悔や、自分の無能さを再認識させられて自分にがっかりする段階。

ここからいわゆる希死念慮と言われる死にたい欲求が始まります。

死んで私を取り巻く全てを終わりにしたい、消えてなくなって自分が存在したことをなかったことにしたい。

それに耐えられなくなり、デパスをあおり眠気を誘発させて寝逃げ。

デパスで眠れなければ、夜用に処方されている睡眠導入剤のフルニトラゼパムを飲み、昼から寝逃げします。

ちょっと前までは寝て起きればなんとかなっていたんですが、ここ最近は起きてからもどうにもならず、「もうできることないぞ」と夕方くらいまで絶望しています。

終わりに

春めいてきて活動的になれそうなのに、心がそれを拒否しているようです。

精神科に通うようになって4、5年?になるでしょうか。

いつになったら好転するのか。

終わりが見えないので疲れてきてしまいました。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次