e-bikeの折れたスポークを交換してもらいました

  • URLをコピーしました!

予想外の出費で頭を悩ませている、メンヘラナマポおじさんです。

目次

e-bikeのスポークが折れる

海外のクラウドファンディングで購入したe-bikeを、ここ数年日常の足として使っていました。

いつものようにスーパーに買い物に行く時に乗っていると、タイヤが何かを噛んで動かなくなりました。

降りて見てみると、スポーク(ホイールの中心に向かって放射状になっている針金)が折れて、タイヤが動くのを邪魔しています。

面倒くさいと思って噛んでいる折れたスポークを解いてそのままにしようと思いましたが、やはりタイヤを邪魔するので折り曲げて隣のスポークに絡ませて事なきを得ました。

…実際はそれで終わる訳がないんですけど。

どうもスポークというのは荷重を分散する役目をしているらしく、一本でも折れると他のスポークが過負荷になって次々に折れるようです。

その後も何本か折れそのまま走っていると、尋常ではないくらいタイヤがグラグラするようになったので、仕方なく修理してもらうことにしました。

馬鹿にならない修理費用

Googleマップで近所の自転車屋さんを調べて持って行くと、

自転車屋さん

金属疲労の場合、折れているスポークだけを交換しても、他のスポークが次々折れるかもしれない。
いま折れているスポークだけを交換すると、一万円弱くらいです。

結構するんですね

自転車屋さん

スポーク全てを交換した方が結果的に安く済むと思いますが、スポークを全部組み直すと二万五千円くらいです。

(絶句)

困りましたねえ。

部品代は大した値段ではなく、工賃が高いようです。

このe-bikeは亡くなった犬とサイクリングに行った思い出が詰まっているので、長く乗りたいと思ってはいるんですが、二万円は今の私にはちょっと厳しいです。

騙し騙し乗っていく

背に腹は変えられないので、とりあえず折れたスポークだけを交換していただくことにしました。

未交換のスポークが折れないことを祈って、騙し騙し乗ることにします。

週に1、2回くらいの買い物と月に1回の病院通いでしか乗らないので、すぐにバキバキに折れるということはないと希望的観測を持っています。

終わりに

久しぶりに人と話したのもあってグッタリです。

自転車屋さんにはe-bikeを乗って行って、一旦預けることになったので歩いて帰宅しました。

時間にしたら20分くらいだと思いますが、普段家にひきこもっているので猛暑日の中を歩くのは堪えました。

さらに修理が終わった後、取りに行くのにまた歩くという。

e-bikeは私の生活になくてはならない物になっていたんですね。

今までずっと室内保管していましたが、これからも大事に乗っていこうと思いました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次