吸い残しの煙管用煙草をまとめて、パッケージを断捨離しました

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

毎朝7時に更新しているこのブログですが、ネタ切れで間に合いませんでした。

この口上も恒例となってきましたが、今日は久しぶりに煙草の断捨離をしました。

どうも、メンヘラナマポおじさん(@MenhealerOjisan)です。

目次

たばこ税が増税続きな今、煙管で節約

私が煙草を吸い始めた頃はセブンスターが250円でした。

それが280円→300円→440円→460円→500円→510円→560円と値上がりし続け、現在では600円です。

1箱300円までは耐えていましたが、1日1箱から1箱半吸っていたので、440円になったタイミングで安上がりな煙管に移行しました。

煙草代は1/4から1/5くらいまで減らすことができました。

煙管喫煙は煙管自体を最初に買う必要があるので先行投資が必要になりますが、煙管用の銘柄は1袋で4日から5日もつのですぐに元は取れます。

増税で値上がり続きな今、煙管はおすすめです。

残り葉をまとめてパッケージを断捨離

1袋で4日から5日もつんですが、4日目5日目ともなると煙草葉が乾燥して煙管に詰めづらくなります。

そうなったら新しいのを開封するんですが、残り葉ももったいないので取ってあります。

パッケージが溜まってきたので、残り葉を一まとめにしてパッケージを断捨離しました。

しばらくこれをやっていなかったのか、全部で15袋もありました。

終わりに

持つべきものは煙草ですね。

ブログがネタ切れになっているところを救ってくれました。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次