WordPressブログを高速化しました

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

広告収入で今の生活から抜け出したい、メンヘラナマポおじさん(@MenhealerOjisan)です。

目次

WordPressブログの読み込みが遅い

ブログやホームページを運営している方はご存知だと思いますが、Googleのpage speed insightというアクセスしてから読めるようになるまでの速さなどを調べられるサイトがあります。

スマホからのアクセスとパソコンからのアクセスを別に調べることができるんですが、私のこのブログはパソコンからのアクセスには強いんですが、スマホからのアクセスには弱いようです。

まあ一般的にスマホからのアクセスの方が結果が悪く出るみたいなんですけど、今はスマホからインターネットをやるのが普通だと思うのでパソコンの評価よりもスマホの評価を気にした方が良いのでしょうね。

「パフォーマンス」「ユーザー補助」「おすすめの方法」「SEO」の4つの点数が「携帯電話」と「デスクトップ」でそれぞれ出るんですが、一番重要そうな「携帯電話」の「パフォーマンス」が7点でした。

100点満点で、です。

「デスクトップ」の方は90点以上だったんですが、7/100は酷すぎるだろうということで、色々調べながらカスタマイズすることにしました。

WordPressをカスタマイズ

何もわからないまま特に調べることもせず、なんとなくで運営して来ました。

そのせいかちょっと調べただけで、やった方が良いことが山積みです。

高速化の見直し

WordPressはレンタルサーバーを借りて、テンプレートやプラグインをインストールしてブログを始めます。

レンタルサーバーにもテンプレートにもプラグインにも「高速化」に関する機能があるんですが、やればやるほど良いのだろうと全部の高速化機能をオンにしていました。

調べてみると競合すると逆に遅くなることがあるらしく、どれか1つだけ高速化させれば良いらしいです。

基本はテンプレートの高速化機能を使うことにして、足りない部分をレンタルサーバーの高速化機能で補うことにしました。

エックスサーバーというレンタルサーバーを使っていて至れり尽くせりで良いと思っていましたが、実際には使わない機能がてんこ盛りでした。

高機能な有料テンプレートと高性能なレンタルサーバーは、私には過ぎたるものだったようです。

画像ファイルのwebp化

画像ファイルというのはjpgやpngなどの拡張子が付いたファイルです。

これをGoogleが表示速度短縮のために開発したという、webpという次世代画像フォーマットに変換します。

画質の劣化がなく大幅にファイルサイズを軽くできるらしく、ブログやウェブサイトを運営しているなら必須のカスタマイズのようです。

「EWWW Image Optimizer」 というWordPressプラグインを導入して、これまでアップして来た画像ファイルを一括変換してwebp化しました。

webpに対応しているウェブブラウザからならwebpで、そうでなければこれまで通りjpgやpngで表示されていると思います。

リビジョンの削除

WordPressで記事を書いていると、リビジョンというゴミが溜まっていくようです。

今まで目にしたことがなかったので知らなかったんですが、それも塵も積もれば山となるでブログ高速化の足を引っ張るらしく全く不要なものなので削除することにしました。

「WP-Optimize」というプラグインをインストールして削除します。

それによると、リビジョンが7000以上溜まっていました。

全部削除するのに30分くらいかかっていたので、異常な量だったんでしょう。

他にも過去にインストールした、既にアンインストール済みのプラグインの痕跡も残っていたので消しておきました。

不要なプラグインのアンインストール

プラグインを入れていくと、どんどんブログが重たくなっていくようです。

読んでいる側には見えませんが、その間も裏で動いているので当然と言えば当然ですね。

ということで機能が被っているプラグインはアンインストールして、厳選したものだけを残すことにしました。

以下、私がインストールしているプラグインの一覧です。

  • Akismet Anti-spam: Spam Protection(セキュリティ)
  • Bing Webmaster Url Submission(検索エンジンのbingに更新通知を送る)
  • EWWW Image Optimizer(画像ファイルをwebpに変換する)
  • IndexNow(複数の検索エンジンに更新通知を送る)
  • Jetpack(iOSアプリでWordPressを読んだり書いたり)
  • Microsoft Clarity(Microsoft版アクセス解析)
  • Rinker(アフィリエイトリンク作成)
  • SEO SIMPLE PACK(SEO対策)
  • Site Kit by Google(Googleのブログ運営お役立ちサービスを網羅)
  • WP-Optimize(データクリーンアップ)
  • UpdraftPlus(WP-Optimizeを使う前にバックアップを取る)

以上になります。

厳選したという割には検索エンジンに更新通知を送るプラグインだったり、アクセス解析だったり被っているのがありますね。

まだアンインストールする余地がありそうです。

終わりに

スマホのpage speed insight
パソコンのpage speed insight

スマホのパフォーマンスが7→60に上がりました。

これでもまだまだ改善の余地はあると思いますが、今日のところはここまでにしておきます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次