最近のイケメン像が理解できない

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

不細工だと思った人物がイケメン扱いをされていて驚きを隠せない、メンヘラナマポおじさん(@MenhealerOjisan)です。

目次

最近のイケメン像が理解できない

フジテレビの「私のバカせまい史」という番組で、年々イケメンの顔が薄くなっていると実例を挙げて変遷が紹介されていました。

テレビがモノクロ放送だった頃は、藤岡弘や石原裕次郎のような濃い顔がテレビ映えするとイケメンの基準だったようです。

それがカラー放送になり濃い必要がなくなり、ジュリー(沢田研二)や藤井フミヤ、吉田栄作などを辿り、現在はトップ画像のようなのがイケメンとされているそうです。

下段のグループはどこにでもいるレベル、上段はk-popにいそうだと思いました。

ぶっさ!

特に不細工なのがピックアップされていました。

左なんてフットボールアワーの岩尾さんにしか見えません。

なぜ化粧をする男は不細工ばかりなのか。

終わりに

アラフォーなんですけど、私の世代の人に聞いたらほぼ全員が不細工だと答えると思います。

20歳前後がターゲットなんだと思いますが、20年弱でこんなに美的感覚が変わるんですね。

この20年で何があったんですかね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次