牛乳には2種類あるらしい

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

牛乳大好きおじさんの、メンヘラナマポおじさん(@MenhealerOjisan)です。

目次

牛乳には2種類あるらしい

Twitterのトレンドを見ていたら、「奥さんが何度言っても牛乳ではなく乳飲料を買ってくる」というネットニュースの記事がありました。

牛乳大好きおじさんなので気にはなったんですが、記事に飛んでまでチェックはせずにいたんですけど、Googleディスカバリーにまで当該記事が表示されたので読んでみました。

それによると広く牛乳と呼ばれるものには2種類あるらしいです。

  • 牛から絞って殺菌しただけの成分無調整牛乳
  • 水分や脂肪分の一部を取り除いた成分調整牛乳

(成分調整牛乳には低脂肪乳や無脂肪乳も含む)

生乳が50%未満になると牛乳ではなく乳飲料になるらしいんです。

私が飲んでいたのは…?

乳飲料と聞くといちごミルクみたいなものを思い浮かべます。

牛乳を装った乳飲料があるとは知りませんでした。

うつ病になってから味覚がバカになっている気がして、自分が毎日飲んでいるものに自信がなくなったので冷蔵庫の中を見てみたら、「成分無調整」「牛乳」と書かれていました。

売り場にある税抜き200円前後の複数の銘柄を買ってきて、飲み比べて一番美味しいと思ったものを継続して買っていたんですよね。

全部牛乳だと思っていたので意識していなかったんですが、水っぽいと思った銘柄は乳飲料だったのかも知れませんね。

終わりに

毎日エスプレッソに入れて1.5Lくらい牛乳を飲んでいるので、乳飲料ではなくちゃんと牛乳で良かったです。

さすがにそれだけ飲んで気づかなかったらバカ舌もいいところですからね。

久しぶりにマザー牧場で飲んだ、搾りたての濃いぃ牛乳が飲みたいです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次