吉田英樹著「好きを仕事にする!ひとりビジネスのはじめ方」を読みました

  • URLをコピーしました!

吉田英樹さんの「好きを仕事にする!ひとりビジネスのはじめ方」を読みました。

引用レビューします。

目次

悪い反応は気にしない

SNSに投稿すると、その内容を読んだ人からの感想意見が寄せられるようになります。読んだ人は「いいね!」ボタンをクリックしたり、コメントを書いたりして、あなたの記事に対して意思表示をします。

時には、あなたが好きなことについて書いたことに対して、嫌味っぽいコメントを書かれたりすることがあるかもしれません。

そのような場合は、その感想意見を気にしないことです。

なぜなら、そんな人たちはお客様ではないからです。

ウェブに取り組む前に押さえておくこと

吉田 「好きなことはある。ウェブをうまく使いたい」という場合、どんなことからはじめたらよいですか?

安田  私の最初のつまずきもそうですけど、好きだからやりたいのか稼ぎたいからやりたいのか、ストーリーがごちゃ混ぜになっている人が多いですね。つまり、伝えたいことと相手が知りたいことがずれているんですよ。

なので、まず最初に発信力を鍛えることです。ブログでもFacebookでも、とにかく「自分はこれができます」ということを発信していって、いくつかたまったら一つのプロフィールや年表といった、どこにでも出せる形にしていきます。それを作っておけば、そのあとにサイトを作ろうが、何か他のものを作ろうが、応用が利くと思います。

つまり、自分だけのストーリーをちゃんと持っていること。相手に伝わりやすいプロフィールを持っていること。相手が手を伸ばしてくるような経歴や実績をまとめること。私は個人的にその三つを発信してみるのがよいと思っています。

吉田  経歴とかストーリーは、やりながら修正しても良いわけですよね。

安田  はい。最初から完成形にしてしまうとホームページを作ることになると思うので、自分ストーリーみたいなものを取り敢えずブログとか書けるところに書いていって、慣れたらまとめてきちんとした形にしていくとよいと思います。

とにかくSNSでもなんでも、登録する際にはプロフィールを書かなきゃいけないわけですから、それで練習して誰かに見てもらって反応をもらうことで、自分の中で落とし込みになるのでおすすめですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる