コンビニでApple pay童貞を捨ててきました

  • URLをコピーしました!

来年の消費増税&キャッシュレス還元に先駆けて?コンビニでApple pay童貞を捨ててきました。

なんだかいつもと世界が違って見えます、メンヘラナマポおじさんです。

目次

セブンイレブンにて

ライターを手に取りレジで

私「QUICPayで」

店員さん「お願いします」

私「(どこにタッチするんや…)」

私「(ハッ!四角い枠が光ってる!ここか)

スマホスッ

クイックペイ‼︎

私「(ファッ!?)」

店員さん「ありがとうございましたー」

私「(あっ)どうも…」ソソクサー

スマートすぎるでしょ。

財布を出す必要もなく、カードを出し入れする必要もなく、レジでスマホをかざすだけですよ。

こんなに便利なもの全てのお店で導入すべきです。

あとはレシートをもらうのが余計な気がするんですが、どうなんですかね。

キャッシュレス決済で利用履歴は残っているので、レシートは不要だと思うんですけど。

パン屋→郵便局ATMへ

その後行きつけのパン屋へ行き、バゲット210円を現金で購入。

そして小銭でいっぱいになったabrasusの小さい財布。

革の財布の型が崩れるので郵便局のATMへ。

財布の中の全ての小銭を口座へ入金し、お札で引き出してきました。

タッチレス決済した意味は…

ATMへ行くならタッチレス決済の意味が薄いようですが、文明の利器の利便性を味わうことができました。

行きつけのスーパーがタッチレス決済を未導入なので、私がタッチレス決済を利用できるのはコンビニくらいになりそうです。

セブンイレブン専売のライターを買いに行くときくらいしか、コンビニに行くことがないのが残念です。

今後タッチレス決済か、せめてクレジットカード決済を導入してほしいところですが、個人経営のパン屋は厳しいか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる