家に帰ったら即レシートを断捨離します

  • URLをコピーしました!

買い物から帰ると、まずレシートをマネークリップから断捨離する、メンヘラナマポおじさんです。

目次

abrasusの「小さい財布」とstorusのマネークリップ

財布はabrasusの「小さい財布」とstorusのマネークリップを利用しています。

storusのマネークリップにはクレジットカードや免許証、現金(お札)を挟んでいます。

abrasusの「小さい財布」には予備のクレジットカードと現金(小銭)を入れています。

スーパーに食料品を買いに行く時はstorusのマネークリップを、煙草を買いに行く時は現金支払いになるのでabrasusの「小さい財布」をという具合に使い分けています。

レシートは溜め込まない

スーパーから帰ってきたら、まずレシートをマネークリップから取り出して、破いて捨てます。

レシートを挟みっぱなしにしていると、見栄えも良くありませんしお札を取り出す邪魔になるからです。

家計簿はmoneyforward

基本的にクレジットカード支払いで、キャッシュレス決済を心がけています。

小銭をジャラジャラ数えるのも、財布が小銭で溢れるのもスマートじゃありませんからね。

家計簿はスマホアプリのmoneyforwardを利用しています。

あらかじめクレジットカードを登録しておけば、カードを利用すると勝手に家計簿を付けてくれてとても便利です。

moneyforwardで手入力するのは、現金支払いのみの煙草を買った時くらいです。

終わりに

行きつけの煙草屋がキャッシュレス決済を導入してくると、現金には用がなくなるんですけど。

小規模小売店にそれを求めるのは難しいんですかね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次