国民一律10万円給付の速報を受けて住民票を変更してきました

  • URLをコピーしました!

家具という大きな買い物をしたので、お金が欲しいメンヘラナマポおじさんです。

目次

コロナウィルスで国民一律10万円給付

コロナウィルスによる景気悪化対策として、国民に一律10万円給付というニュース速報が流れました。

まだその方向で検討ということで確定ではないのでしょうけども、確定してから動いては役所が混みそうなので先手を打ちました。

↑確定したようです。

ゴールデンウィーク明けの5月上旬に支給開始だとか。

引っ越し後も住民票を放置していた

現在のアパートに引っ越してから4、5年経ちますが、住民票は変更せず放置していました。

と言いますのも父からDVを受けており、父に住所を知られたくなかったんですね。

現在の家に引っ越してからは父から何かされるということはなくなりましたし、この度国民一律10万円給付ということで、きっと住民票を参照して給付されるのだと思ったので、更新しに役所へ行ってきました。

住所変更の手続き

届け出書に記入してカウンターへ。

必要なものは身分証明書、印鑑、マイナンバー(発行カードでも可)です。

引っ越して4、5年とあやふやですが、何故住所変更の届け出をすぐにしなかったのか、裁判所へ提出する書類も書かされることになりました。

その後はマイナンバー発行カードを更新するということでしばらく待たされ、時間がかかっているので再発行されているのかと思ったら、提出したマイナンバー発行カード裏面に手書きで新しい住所、今日の日付、印鑑が押されていました。

それだけ?

終わりに

国民に一律給付と言っても、現在私は生活保護受給者です。

生活保護受給者は給付対象から除かれる可能性が高いです。

給付されたとしても収入認定されて、生活保護費と調整され、手元に残るお金は変わらないという可能性も高いです。

ですがまあ給付されるとなったら他法優先の原則だかで、申請するようケースワーカーに言われると思うので、早めに動いておきました。

収入認定されないと嬉しいんですけどねえ。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次