20年ぶりのバスフィッシング 復帰2日目

  • URLをコピーしました!

日曜日から雨の日が続くようなので、2日連続で行ってきましたバスフィッシング。

どうも、引きこもりアングラーのメンヘラナマポおじさんです。

目次

ベイトフィッシュが大量にいるポイントを発見

行った川は昨日と同じなんですが、少し上流の方へ遡ってみました。

すると某工場付近に流れ込みがあり、そこを囲うようにしてワンドになっているポイントを発見。

川での釣りは復帰してからが初めてで、流れがある釣りというのが難しく感じていたので、堰き止められて流れが止まっているのは好都合でした。

しかも流れ込みの周りには小魚が気持ち悪いくらい大量にいて、この川にブラックバスがいるならここだろうという好条件が揃っています。

ただやたら臭くて、マスク越しでも鼻をつくのはマイナスポイントです。

終わりに

そこで1時間ちょっと粘ってみたんですが、結局バイトすらなく暑くなってきたので撤収しました。

トップウォーターからスピナーベイト、クランクベイト、バイブレーション、ワームと手を替え品を替え試したんですが、スレ切っているのか私の腕がないせいかダメでした。

帰り際さらに上流に遡ってみましたが、釣りができそうなところはしばらくなかったので、またそのうち同じポイントでやってみようと思います。

キャッチアンドリリースする釣りは難しいですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次