根こそぎ魚を釣ってしまうというネコリグを導入します

  • URLをコピーしました!

好きなことのためなら粗食も厭わない、メンヘラナマポおじさんです。

目次

根こそぎ魚を釣ってしまうネコリグ

言葉で説明するより動画で見ていただいた方がわかりやすいと思うので、ネコリグの水中動画を貼っておきます。

ワームの頭にシンカー(重り)を埋め込むことでワームが水中で逆立ち、ワーム中程にちょん掛けしたフック(釣り針)からテンションを掛けることでリアルなミミズの動きを再現しています。

今まで知っていたワームの仕掛けは「こんなので釣れる?」というものばかりだったんですが、ネコリグの水中動画を見たらリアル過ぎて、プラグ(魚などを象ったハードルアー)大好き人間の私も試してみたくてしょうがなくなりました。

スワンプクローラーを購入

ワーム(芋虫などを象ったソフトルアー)はプラグに比べて安いですが、出来る限りコストパフォーマンスが高いものが欲しいので、国内メーカーではなくアメリカのメーカーの物を選びました。

国内メーカー品に比べ作りは若干雑なようですが、よく釣れると評判のZBCのスワンプクローラーというワームです。

さらに足りないワームに埋め込むネイルシンカー(重り)、ワームに釣り針をちょん掛けするだけではロストするリスクが高いのでワッキーチューブを買いました。

早速ネコリグを作成

ちょうど良い長さにカットしたワッキーチューブをワームに通し、そこに釣り針を通します。

さらにワームの頭にネイルシンカーをねじ込み、すっぽ抜けないようにライターで炙り頭を塞いで完成です。

釣り場でやると大変そうなので、一つだけ家で準備していつでも使えるようにしておきます。

終わりに

プラグではスレているブラックバスは釣れにくいので、最終兵器としてネコリグを使います。

あくまでプラグファーストで、ネコリグは最終手段です。

そこだけは譲れません、忘れてはいけません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次