楽天モバイルの2回線目を開通して、1回線目をpoboにmnpしました

  • URLをコピーしました!

携帯回線は維持したいですが、お金はできるだけ節約したいメンヘラナマポおじさんです。

目次

楽天モバイルの2回線目を開通

楽天モバイルでiphone13を割り引き購入する条件だった楽天回線の新規申し込み。

既にiijmioと楽天モバイルでデュアル回線運用していたので、今回契約したのは2つ目の楽天モバイル回線になります。

手違いでesimで申し込むところを、simカードありで契約申し込みをしてしまいました。

サポートに問い合わせてesimに変更してほしいと頼んだんですが、ダメでした。

仕方がないのでiijmioのsimカードと入れ替えて、楽天モバイル回線2つ目が無事開通。

poboにmnpで回線0円運用

楽天モバイルは1人1回線は1GBまで無料です。

無料の通話専用回線として新しく開通した方を残し、古い楽天モバイル回線はmnpすることにしました。

mnp先に選んだのは、半年に一度課金すれば維持できるpoboです。

esimなら家にいながら開通できます。

必要なものはクレジットカードと身分証明書だけです。

無事poboにmnpできました。

au本体のサービスらしく、電波バリバリですね。

物理SIMから仮想SIMに交換

古い楽天モバイル回線は使えなくなりました。

あとは楽天モバイルのsimカードありからesimに交換するだけです。

楽天モバイルアプリの「契約内容」から「sim交換」でesimを選びます。

楽天モバイルからメールが届き、仮想SIM化のためにプロファイルをダウンロードします。

無事に新しい楽天モバイル回線が物理SIMから仮想SIMに移行できました。

最後に通話料無料で電話ができる楽天linkアプリの電話番号が、古い楽天モバイルの番号のままになっているので初期化して、新しい楽天モバイルの電話番号でログインします。

これをしないと楽天linkアプリと電話番号が紐付けられないようで、通話することができません。

終わりに

面倒臭いかと思いましたが、あっという間に終わりました。

今後はiijmioだけ月額900円弱支払って、電話番号を3回線維持します。

インターネットだけで完結できるので便利ですね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次