うつ病のせいで長年放置してきた切れた蛍光灯を交換しました

  • URLをコピーしました!

バキバキのうつ病の、メンヘラナマポおじさんです。

目次

切れた蛍光灯を何年も放置

ダイニングの蛍光灯が何年も切れたままでした。

今のアパートに入居して1年くらいで切れた記憶があるので、5年くらいそのまま放置していたような気がします。

その間はシンクを照らす照明を使ってしのいできました。

しかしそれも蛍光灯が切れそうになってきたので、重い腰を上げてホームセンターへ新しい蛍光灯を買いに行ってきました。

蛍光灯を取り外して規格を調べます。

丸い蛍光灯の30形、28ワットですね。

交換するのに手が届かないので、パソコンチェアを使ってフラフラ落っこちそうになりながら交換しました。

終わりに

今回購入した蛍光灯の寿命が1.5倍の9000時間らしいです。

ダイニングは夜ごはんを用意する時、食べ終わって食器を洗う時くらいしか電気を点けないので、何年くらいもつんでしょうね。

こういう細々した家事を、サッとやれるようになりたいです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次