人生初のデンタルフロスをした結果

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

歯周病に悩まされている、メンヘラナマポおじさん(@MenhealerOjisan)です。

目次

フロスか死か?

欧米では歯周病予防にフロスが重要視されているらしく、「フロスか死か?」というスローガンが歯医者の間で流行っているそうです。

死ぬのはともかく、私は歯周病の歯茎の不快感に耐えられないので、デンタルフロスをやることにしました。

フロスは評判の良いリーチのワックス付きのものを。

フロスだけですとやりづらそうなので、フロスホルダーも買いました。

買ってから面倒でしばらく放置していたんですが、歯周病由来と思しき歯茎の痛みが出てきたので、フロスデビューすることにしました。

初めてデンタルフロスをした結果

フロスホルダーのボタンにフロスを巻き付けて、溝を通して歯に当たる部分をピンと張って、再度ボタンに巻き付けます。

これで歯と歯の間にフロスを通して、歯周病で痛みのある歯茎までガシガシ擦ります。

上の歯で2回、下の歯で2回フロスを交換して張り替えて、全ての歯と歯の間を擦り上げていきます。

最後にうがいをするんですが、歯と歯の間を水が通る感触で歯に良いことをしている充足感を感じます。

うがいをして吐き出した水に、黒い粒が含まれていたんですよね。

1日2食サラダチキンに塩と黒胡椒を振って食べているんですが、おそらくそれが挟まっていたんでしょうね。

終わりに

「初めてフロスをするとドブのような臭いがする」と聞いていたのでビビっていたんですが、残念ながら?そのような臭いはありませんでした。

今後は1日1回はフロスをしようと思います。

歯周病滅びろ。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次