パスワード管理アプリProton Passのアカウントを削除しました

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

久しぶりに断捨離モードに入りつつあるのを感じている、メンヘラナマポおじさん(@MenhealerOjisan)です。

目次

パスワード管理アプリProton Pass

ネットサーフィンをしていて発見したProton Passというパスワード管理アプリを使っていました。

メインで使っていたのはBitwardenというパスワード管理アプリでなんの不満もなかったんですが、エンドツーエンドのパスワード管理アプリが新しくリリースされたということで、新しいもの好きな私は試したてみたくなったんですね。

パスワード管理だけでなく、メールアドレスを取得できたりクラウドストレージがあったりと、Protonアカウント1つで色々なサービスを利用できると言うので、次世代のGoogleになるかも知れないと興味を惹かれたわけです。

ただ実際に使ってみるとiphone純正のメールアプリで送受信できなかったり、パスワードをカテゴリ分けするのに制限があったりと、無料で使える範囲が狭いのでメインとしては使いづらいなと思いました。

だもんでもういいかな、と。

Protonアカウントを削除して

Proton Passアプリをアンインストールします。

パスワード管理を見直す

パスワードを共有しているアプリがこんなに。

これ全部使っているわけではありませんが、さすがに多すぎなのでは?と思いました。

1つだけに絞るとそのサービスが改悪された時に面倒そうなので複数のサービスを利用しておきたいところですが、利用するサービスが多ければ多いほどパスワードが流出するリスクも増えるわけで、これは減らした方が良いとなったわけです。

iphoneでもパソコンでもそれ以外でも使えるBitwardenは汎用性が高いので、これをメインとします。

iphoneを使っていますし将来的にmacbook proを導入するつもりなので、iCloudパスワードも残したいところ。

Google Chromeはベータ版の頃からずっと使っていて、ウェブブラウザを乗り換えることは今後もなさそうなので維持したいんですが、Bitwardenの拡張機能で賄えそうなので、Chromeからは全部消してしまうのもありかも知れません。

Microsoft edgeや楽天ウェブ検索は、パスワードは保存していないのでそのまま。

終わりに

バラバラになっているパスワードを統合しようと、GoogleパスワードマネージャーからBitwardenにインポートしたんですけど、重複しているパスワードが多々あって1つ1つ手作業で消していくのが大変でした。

iCloudパスワードも同様にBitwardenに移そうとしたんですけど、Macがないとエクスポートできないみたいですね。

今日のところはこの辺にしておきます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次