キャンプがしたかったのは「ウルトラライト」に惹かれたから

  • URLをコピーしました!

以前キャンプしたいという記事を書きました。

キャンプと言ってもその辺の公園に夕方行って、テントを張って寝袋で寝て帰ってくるだけのゲリラキャンプです。

あわせて読みたい
冬用掛け布団を買い換えるか寝袋にするか迷ってます 【冬用掛け布団を捨てました】 今年の春先、冬の間使っていた掛け布団に犬が粗相をしたもので捨てました。 冬になったら買い換えればいいわ、と。 アイリスオーヤマの四...
あわせて読みたい
引きこもりにキャンプはハードルが高すぎるかもしれない 前に犬と一緒にキャンプしたいという記事を書きましたが…。 https://menhealer-namapo-ojisan.com/archives/5117 [:contents] 【外出は月に五回だけ】 でも私基本的に外...
目次

やっぱりやめておこう

今のところ

  • テントの手入れなどが面倒くさい
  • 犬が慣れない環境で寝てくれるかわからない
  • 高齢犬なので環境の変化がストレスになるかもしれない
  • 外で寝るとなると、犬の蚊やダニ対策が面倒くさい
  • 不眠症の私が外で寝られるとは思えない、外で睡眠薬を飲むのは怖い

などの理由でやらない方向に傾いています。

キャンプをしたいと思った理由

ですが何故引きこもりの私がキャンプをしたいなどと思ったのか、少し掘り下げたいと思います。

ずばり「ウルトラライト」というパワーワードに惹き付けられたためです。

ローカスギアというメーカーが、軽くて自転車以外の足を持たない私でも持ち運びできる魅力的なテントを作っていたからなんです。

Products – LOCUS GEAR / ローカス・ギア – 製品一覧

ウルトラライトテント

購入する候補として考えていたテントは二つあります。

クフタイベック

総重量945gです。

軽すぎワロタ。

牛乳一本分より軽いです。

ただ天井が少し低くて、足を要手術の怪我してる私はちょっとキツいかな、と。

アポロタイベック

総重量1300gです。

高さは170cmで一人から二人用と、犬がウロウロ歩き回るにも申し分ない広さです。

ウルトラライトは高価

全部買うとクフタイベックは六万円、アポロタイベックは六万五千円と高価です。

軽量化するとともに、受注生産で国内で職人が手作りするらしいので仕方ないですね。

買うならアポロタイベック

今のところキャンプはハードルが高いと既に書きました。

ですがこの先いつかキャンプをすることがあったら、アポロタイベックが欲しいです。

気軽にアウトドアを楽しめる環境だったらな、と思いますが今の私は引きこもり。

外で寝るのはハードルが高いです。

いつかうつ病が治ってキャンプする元気が出たらアポロタイベックを注文します。

その日が来るまで備忘録としてこの記事をアップしておきます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次