【ミニマリスト】Gudeのブレッドナイフのパッケージを断捨離しました

  • URLをコピーしました!

しばらく断捨離と称したゴミ捨ての日々が続きます。

どうも、メンヘラナマポおじさんです。

目次

Gudeのブレッドナイフ

最近は節約のために近所のスーパーで売っている一番安い食パンしか食べていないんですが、ちょっと前までは二日に一回くらいの頻度で近所のパン屋にバゲットを買いに行っていました。

そのバゲットを綺麗に切るために購入したのが、ドイツのGude社のブレッドナイフです。

国内の代理店を通して買うよりも、ドイツのAmazonから購入した方がいくらか安く買えるということで輸入しました。

あわせて読みたい
ドイツのAmazonで注文していたGudeのブレッドナイフが届きました バゲットを美味しく食べるためにドイツのAmazonで注文していた、Gudeのブレッドナイフが届きました。 早くバゲットを切りたくて仕方がないメンヘラナマポおじさんです。...

日本の包丁と違うのは、日本の包丁は引くときに切れるのに対し、Gudeのブレッドナイフは押すときに切れるということです。

切れ味は刃物の製造地として有名な場所のものなので抜群です。

パッケージを断捨離

元に戻してケースとして使えるわけでもないのに、何故か押入れにしまっていましたがパッケージを断捨離します。

ダンボール紙で作られてはいますが、なかなか洒落た作りです。

開封するときに破いてしまったので、もうただのゴミでしかありませんが。

パッケージを取っておいてしまうのは処分するときのことを考えてのことなんですかね。

家電でもなんでもパッケージや外箱を、取り敢えず取っておいてしまいます。

家電は修理することがあったら発送するのに使えるので箱も有用ですが、安い物や小物は修理に出すより買い直した方が安いでしょうから、パッケージは断捨離してしまいましょう。

最後に

二部屋押入れがあるからと、収納スペースに甘えて取り敢えずしまっておく癖をどうにかした方がいいですね。

もっと身軽になりたいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次