ミニマリスト本、断捨離本を読んで貯金の極意を知ったので皆さんに共有します

  • URLをコピーしました!

これまでミニマリストの本や、断捨離の本を何冊も読んできました。

結果、貯金する極意を得たので皆さんに共有します。

結論から先に言いますと、モノを買うときは「欲しいか欲しくないかではなく、必要か不必要か」を判断基準にしろ、ということです。

あわせて読みたい
横山光昭著「貯められる人は、超シンプル」を読みました 横山光昭さんの「貯められる人は、超シンプル」を読みました。 あと半分ぐらいですね。ミニマリスト的な断捨離的な話から入っていくので興味深く読めています。 引用レ...
あわせて読みたい
斎藤茂太著『「捨てる」「片づける」で人生が楽になる』を読みました 斎藤茂太さんの『「捨てる」「片づける」で人生が楽になる』を読みました。 これは現代のミニマリストの規範となっているようなことが書かれています。 2006年に書かれ...

欲しいものを買うのではなく、必要なものだけを買いましょう。

たったこれだけで無駄な出費が抑えられるんです。

なにもなしに出費を抑えろ、と言われても我慢できないと思います。

なので、併せて断捨離もしましょう。

捨てるものの判断基準は、「他人」ではなく「自分」が、「過去」や「未来」ではなく「現在」必要としているかどうかです。

  • この服を着ていたら他人から素敵と思われそう←捨てましょう。
  • これは昔よく使っていたんだ←今使っていないなら捨てましょう。
  • 取っておいたら必要になるときが来るし←今必要でないなら捨てましょう。必要になったときに買えばいいです。

捨てたくないのに捨てることで、無駄なモノを買うことがなくなります。

モノを買うときに本当に今必要なのか、とよくよく考えるようになるんです。

すると自然と出費が抑えられて手元に残るお金が増えます。

浮いたお金は、自分が本当に好きだと思える事やモノに注ぎ込みましょう。

生活にメリハリが出て、好きなモノに囲まれて暮らすことで毎日幸せに生きることができます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる