私は龍角散のどすっきり飴で糖尿病になりました

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

血液検査で糖尿病と診断されたことがある、メンヘラナマポおじさん(@MenhealerOjisan)です。

目次

血液検査で糖尿病と言われる

うつ病治療のため、月に一度精神科を受診しています。

だいたい3ヶ月に一度くらいの頻度で血液検査を受けています。

抗うつ剤を飲んでいるので肝臓の数値を調べるために血液検査をされているんだと思いますが、糖尿病の診断に使われる項目も検査されています。

ヘモグロビンA1cというここ1〜2ヶ月の血液中の糖分濃度を計る検査項目があるんですが、

  • 5.5%までで正常
  • 6%台で糖尿病予備軍
  • 7%を超えると合併症のリスクあり
  • 8%以上はいつ合併症を起こしてもおかしくない他の病気でも手術ができない状態
  • 9%以上は糖尿病による倦怠感疲労感を感じやすく感染症が重症化しやすい状態
  • 10%以上は糖尿病の治療のために即入院を勧められるレベル

らしいです。

私は一番酷い時で10.7%でした。

これはいけない。

私は龍角散のど飴で糖尿病になりました

この10.7%を叩き出した頃は、龍角散のどすっきり飴をよく舐めていました。

煙草を吸うので喉が痛くてのど飴を舐めていたんですが、喉の痛みが解消された後も口寂しさでバクバク舐めていました。

いやもう口に入れた側から噛み砕いていました。

毎日1袋以上消費していたと思います。

栄養成分表示の炭水化物というのが糖分です。

正確には炭水化物−食物繊維=糖質です。

これによると龍角散のどすっきり飴1袋に85.6gの糖質が入っているようです。

角砂糖が1個3gくらいらしいので、1袋に28個の角砂糖が入っているようなもの。

のど飴を舐めているというより砂糖を舐めているようなものなので、これは糖尿病になりますわ。

糖質制限する

糖尿病になったからと言って、すぐに死ねないのが嫌です。

何年もかけて失明したり、足が壊死して切断したり、人工透析が必要になったり。

今ですら生きづらいのにこれ以上生きづらくなるのは耐えられない、ということで糖質制限を始めました。

半年ほどごはんやパンなど炭水化物を摂らない生活をした結果、ヘモグロビンA1cは6.1%まで落とせました。

終わりに

気になったので龍角散の公式ホームページを見てみたんですが、

1日何粒まで舐めていいとかはないようですが何事もほどほどが良いと思います。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次